無垢材
福岡の長期優良住宅工務店ベストホーム最新記事

記事を検索する


--ベストホーム月別記事を見る--

福岡 長期優良住宅工務店 ベストホーム

【エッセイ】ストックホルム便り vol.18、19
August-------------------

vol.18 サマーハウスと古い家具
こんにちは お元気ですか?
ストックホルムでは気持ちのいい夏が続いています。気温は20度から暑くても30度くらい。空気が乾燥しているので、日差しの強い日でも日陰に入ると爽やかです。スウェーデンでは、法律により本人が希望すれば続けて少なくとも3週間の休みが取れます。長い夏休みは、スウェーデン人にとって欠かすことのできない充電期間です。

私たちは夫の休暇中サマーハウスに来ています。友人や家族など、大抵はだれかしらゲストが滞在していて大変にぎやかです。サマーハウスを持つと、家具、電化製品、食器など全部2倍要ります。ゲストが多いと食器やベッドもたくさん要ります。それを新品で揃えるのは大変なので、みな色々工夫をしています。まず一番人気はオークションでしょう。家のサマーハウスのある島では、夏になると各地で家財道具の不用品オークションをします。ソファー、ベッド、ダイニングテーブル、食器、自転車、絵画、おもちゃなどなど何でもありで、アイスクリームやホットドッグの店も出てお祭り騒ぎです。売ることも買うこともできるので大変便利です。

次は、もらい物です。スウェーデンでは家族が昔から持っていた家具や絵画、食器などを代々受け継いでいくのが普通で、スウェーデンのモダンな家具と一緒におじいちゃんからもらった古い椅子がさりげなく置かれていたりします。私たちは近くに住む友人のご両親が持っていた古いテーブル(100年から150年前のもの)と古いチェストをもらいました。テーブルは磨いて修理してペイントし、ダイニングテーブルとして使っています。イスは安いIKEAのものですが、違和感はありません。古いキンンドルスタンドは夫の母が持っていたもの、夫の姪が学校で作ったキャンドルスタンドも一緒に使っています。
  
このほかにも、夫の両親が持っていた古いティーポットや壁掛けキャンドルスタンドなど我が家のサマーハウスは、古い物、手作りのもの、安い家具を買って手を加えたものであふれています。

古いものを捨てずに大切に持ち続けているスウェーデン人の生き方は、質素であり、豊かです。
またお便りします。
アービッドソンみさこ

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

vol.19 サマーハウス 壁の塗替え
こんにちは お元気ですか?
ストックホルムでは、早秋の気配が漂っています。8月21日の週からは、殆どの学校で新学年がスタートします。夏の饗宴も一息ついたので、私たちは、前々から企画していた秋のプロジェクトを始めることにしました。

それは、サマーハウスの壁の塗り替えです。我が家のサマーハウスは2003年に購入しました。造りもしっかりしているし、電気設備も整っていて、リノベーションなく住めるのが魅力でした。ただ、前の持ち主が老婦人だったので壁紙の色が私の好みに合わず、いつかは変えようと思っていました。スウェーデンでは壁紙の張替え、床のフローリング、お風呂のタイル張りなどは自分でする人が多く、DIY用の本や、雑誌、道具、材料とも豊富です。私たちも夏休みの間に研究して自分たちでやることにしました。

まずは、リビングルームからスタートです。新しい家をペンキで塗るのとは違い、前準備がいろいろあります。家具を移動し、壁にかかっている絵画やキャンドルスタンド等をはずします。次に電気コンセントやスイッチのカバー、壁と床の間の板を取り外し、壁に残っている釘や壁紙を留めているホッチキスのピンのようなものをはずしていきます。

次は、古い壁紙をはがす作業です。壁紙一枚に霧吹きで水を掛け、壁紙全体がしめったら、上からはがしていきます。はがし始めがちょっとむずかしいけど、はがれ出すと、するーと行きます。剥がれないで残っているところは薄いナイフのような道具ではずします。壁紙を全部はがしたところで、一日目の作業終了です。思いのほか時間がかかります。
 
二日目は、壁を紙やすりで平らにする作業です。古い壁紙が残っているところ、古い壁紙の境目などを丁寧に磨いていきます。磨いたカスが目に入るのでゴーグルをつけて磨きました。髪や洋服はもちろんのこと、部屋中磨きカスで真っ白です。かなりキツイ作業です。ほぼ磨き終わったところで二日目終了。来週からペンキ塗りに入ります。
この続きは次回のエッセイで報告します。
アービッドソンみさこ
| ストックホルム便り | ↑福岡・長期優良住宅工務店 ベストホーム|トップへ | ベストホームへ問い合わせる | 編集
福岡で長期優良住宅を建てるなら福岡 長期優良住宅工務店の株式会社ベストホーム
〒812-0882 福岡市博多区麦野1丁目 10番1号
【エッセイ】ストックホルム便り vol.17
July-------------------

vol.17 ミッドサマー・アフトン
お元気ですか?
ストックホルムは6月に入って急に暑くなり、気温も30度くらいまで上がる日もあります。暑くても空気が乾燥しているので日本の夏のような不快な感じはありませんし、朝夕はさわやかで涼しいです。スウェーデン人は短い暑い夏を楽しみます。こちらの殆どの家や建物には冷房施設がありません。扇風機もあまり見かけませんし、暑くてもせいぜい窓をあけるくらい。ベランダや庭に出て太陽の下で日光浴します。ただ、うちの夫はオフィスが暑いのをこぼしていますが。

6月24日は、ミッドサマー・アフトン(夏至際前夜)でした。ミッドサマーは夏の到来を祝い豊作を願うお祭りです。スウェーデンでは、ミッドサマーはクリスマスに次ぐ大きなイベントです。私たちの場合、毎年古い友人たち7-8家族が集まり、泊りがけで飲んで騒ぎます。

ミッドサマーディナーにシル(酢漬けニシン)と茹でたジャガイモは欠かせません。セーナップシル(ちょっと甘いマスタード漬け)、ビィートロックシル(ニンニクの入ったもの)、インラグドシル(甘い酢漬け)等20種類以上のシルがありますが、瓶詰めのものが手軽に手に入いります。中でもミッドサマーにはずせないのがマッチョシル(ちょっと塩辛い酢漬け)です。サワークリームと刻んだグラースロック(細ネギ)をかけて食べます。シルにはビールやシュナップス(強いお酒)がよく合います。

ミッドサマー当日、女性は草花を摘んできて花の冠を作り頭にかぶり集会場に向かいます。まずメイポールに小さな葉っぱのたくさん付いた木の枝を巻きつけ、メイポールを会場の中心に立てます。メイポールは相合傘に丸いリングを二つ吊るした様な格好をしています。メイポールを立てる作業には伝統的なテクニックがあり、10名くらいの男性がペアになり、組んだ二本の木でメイポールを支えながら少しずつ立てていきます。この後メイポールの周りに輪をつくり、歌や音楽に合わせて踊ります。踊りは独特のフォークダンスで、子供も大人も無邪気に踊ります。
 
ミッドサマーが来るといよいよ長い夏休みです。
またお便りします。
アービッドソンみさこ
| ストックホルム便り | ↑福岡・長期優良住宅工務店 ベストホーム|トップへ | ベストホームへ問い合わせる | 編集
福岡で長期優良住宅を建てるなら福岡 長期優良住宅工務店の株式会社ベストホーム
〒812-0882 福岡市博多区麦野1丁目 10番1号
【エッセイ】ストックホルム便り vol.15、16
June-------------------

vol.15 サマーハウスとクルージング
こんにちは お元気ですか?
私たちは、5月25日(水)から28日(日)までの4連休を利用してサマーハウスに行ってきました。スウェーデンでは多くの人がサマーハウスを持っています。一般的なスウェーデン人の夢は、まず都心のフラットか郊外の一戸建てを持つこと。次にはサマーハウス、そしてボートかヨットが続きます。中流のスウェーデン人の多くは、夏の休日にはサマーハウスに行くか、ヨットでクルージングを楽しみます。

私たちも、この春小さなボートを買いました。中古ですが、モーターはヤマハで5人乗りです。夫は海好きで、今まで何台かのボートやヨットを買い換えてきましたが、大きいボートのメインテナンスには手がかかるので、子供が小さい時売ってしまってからはボートのない生活でした。4年前にサマーハウスを買った時、すぐにボートの停泊所を手に入れ、手ごろなサイズのボートを探していましたが、やっと見つかりました。

この休暇を使って夫はボートのメインテナンスをし、箱型の錨を作りました。既成の錨用のビニール袋にセメントを溶かし入れ、少し硬くなってきたら上に鎖をつなぐリングを埋め込みます。休暇中には友人が泊まりに来たり、天候がくずれたりして、ボートの海デビューはどうなることかと思っていましたが、なんとか成功しました。

日曜日に、サマーハウス仲間が来て、トレーラーに乗せたボートを車で10分ほど離れたボートハーバーまで運びました。トレーラーを繋いだ車を水際までバックさせ、一人はボートに乗り、二人がボートを海に向かって押し、トレーラーから降ろします。2度3度とトライし、ついに成功しました。次に錨を海に沈める作業をし、準備が整いました。

そして待望の初乗りです。すこし風が冷たかったのですが、ぐんぐんスピードを上げるボートに乗って、男たちの無邪気でうれしそうな顔を見ていると、私までわくわくしてきました。清清しく蒼い海でした。

またお便りします。
アービッドソンみさこ

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


vol.16 フリッゲボード
お元気ですか?
こちらは一年で一番うれしい季節を迎えました。空は青く高く、緑は鮮やかで、スウェーデンの家がより美しく映えます。スウェーデンの建築には多くの規制があります。環境や調和を壊さない、近所の権利を侵害しない等が基本的な考え方です。ですから住宅地では、新築はもとより増築にも隣近所の同意がいりますし、許可取得にも時間がかかります。また地域によっては家のスタイルや色などにも規制があります。

その中で比較的自由に建てられるのがフリッゲボードです。フリッゲボードは床面積10平方メートル、高さ3メートル以内の小屋です。母屋の隣に建てるのが一般的で、別荘地ではフリッゲボードをたくさん見かけます。フリッゲボードにもいろいろあり、冬用に防寒壁になったもの、電気の配線されたもの、電気のない夏用の壁の薄いシンプルなもの等用途によって異なります。フリッゲボード・キット等も売られており、自分で建てる人もいます。

我が家のサマーハウスにもフリッゲボードを建てました。大工さんに頼んで、防寒壁にしてもらい、ペイントは自分たちでしました。外はスウェーデンの伝統的な赤いペイントにし、中の壁と天井はウォーターペイントにして、木目を生かすことにしました。天井のライティング、ベッドサイドランプ、そして電気ヒーターも付けました。

うちのフリッゲボードは特殊なデザインになっており、おそらく規制すれすれかもしれませんが、床面積は10平方メートルですが、4つのベッドが外に張り出しているので、とても広く使えます。主にゲストハウスとして使っていますが、とても好評です。
 
6月半ばから8月半ばまでの長い夏休み。今年も我が家のフリッゲボードにはゲストが絶えることはありません。
またお便りします。
アービッドソンみさこ

| ストックホルム便り | ↑福岡・長期優良住宅工務店 ベストホーム|トップへ | ベストホームへ問い合わせる | 編集
福岡で長期優良住宅を建てるなら福岡 長期優良住宅工務店の株式会社ベストホーム
〒812-0882 福岡市博多区麦野1丁目 10番1号
        
   
<< >>





福岡で無垢材を使った新築一戸建て注文住宅・長期優良住宅工務店をお探しならベストホーム