無垢材
福岡の長期優良住宅工務店ベストホーム最新記事

記事を検索する


--ベストホーム月別記事を見る--

福岡 長期優良住宅工務店 ベストホーム

【エッセイ】ストックホルム家事情vol.22  最終回
赤りんごスウェーデンのデザインよつばのクローバー
私のスウェーデン生活ももうすぐ8年目に入りますが、たまに日本に帰ると気がつくことがあります。ストックホルムは東京のように物に溢れているわけでもないし、便利でもないのですが、街や自然の美しさ、家や身の回りの物の美しさでは、消して東京に負けていないということです。

自然や家の美しさについては言うまでもないのですが、家具、食器、日用品、文房具など全てにおいてデザイン性が重要視されている気がします。家は自分を表現する場と考えるスウェーデン人にとって、家、庭、家具、生活用品それぞれが、調和がとれていなくてはならないのです。ですから、カントリー調でまとめた家と、シティーモダンにまとめた家では、家具やカーテンは元より、日用品のデザイン、色、品質も全く違ったものになります。
ストックホルム家事情 ストックホルム家事情

スウェーデンの日用品には機能的でモダンなものが多く、おしゃれで、機能的な日用品は簡単に見つかります。私が日ごろからちょくちょく足をはこぶ “デザイン・トリエット(デザイン広場)”という名前の面白い店があります。この店では、新進の無名インダストリーデザイナーの製品が買えます。毎週行われる専門家の審査に通った製品がお店に並び、製品が売れた場合、店は一定のマージンをとります。無名のデザイナーでも、良い製品をつくればマーケットに出せる、とても良いシステムだと思います。
ストックホルム家事情 ストックホルム家事情

所得税が世界一高いスウェーデンでの暮らしを通じて、自分の価値観が変わっていくのを感じます。日本では簡単に手に入る高価なブランド品には無縁ですが、自分がいごこちよく暮らすための家づくりには、工夫をこらします。アンティークショップ、オークション、フリーマーケットなど利用したり、家具や雑貨を自分で手作りしたりもします。森で摘んできたブルーベリーでケーキを焼いたり、庭で育てた洋ふきでジュースを作ったり、庭のハーブの入ったパンを焼いたり等々。時間がゆっくり過ぎていくのを感じます。これが質素で豊かなスウェーデンの生活です。

「ストックホルム家事情」は、これで最後になります。自分の生活を見つめる機会をいただけたことを感謝しています。

アービッドソンみさこ

*************************************************************

2005年11月からスタートしたストックホルム便り、ストックホルム家事情ですが、2008年10月号「ストックホルム家事情vol.22」を最後に終了させていただきます。

みさこさんのエッセイを通して、スウェーデンの文化・自然に触れ「いつか必ず言ってみたい国」になりました。
環境問題に対する個人や政府の対策、家やインテリアに対する考え方など見習わなければならいところもたくさんありました。

3年間本当にありがとうございました!拍手
| ストックホルム家事情 | ↑福岡・長期優良住宅工務店 ベストホーム|トップへ | ベストホームへ問い合わせる | 編集
福岡で長期優良住宅を建てるなら福岡 長期優良住宅工務店の株式会社ベストホーム
〒812-0882 福岡市博多区麦野1丁目 10番1号
        
   
>>





福岡で無垢材を使った新築一戸建て注文住宅・長期優良住宅工務店をお探しならベストホーム